〒188-0011 東京都西東京市田無町5-4-13 ハママンション第二 1階
  • 特大
  • 大
  • 標準

アレルゲン免疫療法

鼻炎の根本的治療法 アレルゲン免疫療法

Q.アレルゲン免疫治療とは何ですか。

A.アレルギーの原因物質であるアレルゲンを少量から投与し、からだをアレルゲンに慣らしていくことでアレルギー症状を和らげる治療法であり、減感作療法とも呼ばれます。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状を抗アレルギー薬で抑える従来の治療法とは大きく考え方が異なります。

Q.どんなアレルゲンに対してもアレルゲン免疫療法が可能なのですか。

A.春の花粉症の代表的なアレルゲンであるスギと、通年性アレルギー性鼻炎のダニのエキス錠が国内で広く流通しています。当院ではこれらのエキス錠を舌の下にはさんでおいて溶かした後に内服する、舌下免疫療法を行います。

Q.アレルゲン舌下免疫療法のメリットは何ですか。

A.健康保険が利く治療法であり、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の完治が期待できます。完治しないとしても、軽症化して薬の量を減らせる可能性があります。一部のアレルギー性結膜炎(目のかゆみ)や喘息にも効果があるとされています。

Q.自宅で治療できると聞きましたが本当ですか。

A.はい。自宅で行えます。ただし治療初回のみ医療スタッフの前で錠剤を使用して安全を確認します。当院は院内処方をしておりますので直ちに処置室で開始できます。当院で舌下免疫療法を行うメリットの1つです。

図1

Q.舌下免疫療法のデメリットは何ですか。

A.3~5年間の毎日の治療が必要であり、毎月受診していただく必要があります。効果が表れるのは3か月以上かかることが多いです。全ての方に有効とは限りません。いくつかの副作用があります(後述)。

Q.この治療法は全ての花粉症の方が受けられますか。

A.当院では5歳以上の方に行っておりますが、スギやダニに対するアレルギー検査の陽性反応が必要です。まだ受けたことがない方はまず血液検査をいたします。どうぞお問い合わせください。5歳以上でも重症の気管支喘息の方や妊婦、体調の悪い方、抜歯後など口の中に傷や炎症がある方には行いません。ステロイド内服中の方は効果が得られない可能性があります。喘息の吸入ステロイドは問題ありませんので使用していて大丈夫です。

Q.副作用は何ですか?

A.重大な副作用としてショックやアナフィラキシーが報告されています。
重大ではないが比較的頻度の高い副作用として口内炎、舌の下の腫れ、口腔内の腫れ、喉の痒み、耳の痒みなどが報告されています。開始して4週間で軽くなり、慣れてくることがほとんどです。

Q.この治療はいつから開始したら良いですか。

A.スギエキス錠は毎年5月中下旬~11月頃から開始しましょう。スギ花粉とヒノキ花粉は似たアレルゲンであり、これらの花粉の季節はアレルギー反応が高まっているため開始するには不適当です。ダニエキス錠はいつから始めても大丈夫です。

Q.舌下免疫治療中にアレルギー性鼻炎、結膜炎などの季節が来た場合には、抗アレルギー薬を服用して良いですか。

A.服用して大丈夫です。適切な抗アレルギー薬を処方いたしますのでご相談ください。舌下免疫療法の効果が薄れることはありません。